支援プログラムについて - ぬくもりを届けよう -工房からの風から-

HOME | 支援プログラムについて

支援プログラムについて

<下記プログラムは終了いたしました>

素材はニッケビクター毛糸、
デザインは市川在住のニット作家・鈴木朝子さんに起こしていただきました。
制作は東日本大震災で被害に遭われた牡鹿半島の方々です。

今企画オリジナルの帽子、ミニバッグ、ハンドウォーマー、コサージュ・・・。
心と力を合わせて制作した手編み作品、ぜひ皆様お選びください。

売り上金は、制作された牡鹿半島の方々に全額お渡しいたします。
(デザインは鈴木朝子さん、素材はニッケより提供させていただきます。)

 

<趣旨>

「ぬくもりを届けよう。ニッケ+工房からの風から」に寄せられた被災地の方々のために編まれた
ニット作品の数々。
この作品をお届けに行った11月16日、牡鹿半島の方々との出会いから、今一番望まれていることの
ひとつが「やりがい」だと知りました。
そこで今回、被災地の方々の「手」と「心」をつないで作品を生み出し、それが復興支援の一助にでもなれればと、今展示販売会を企画しました。
企業と協賛するアーティストと被災地へ想いを寄せる方々で行った「ぬくもりを届けよう」。
一歩進んで、被災地の方々と手をつないだ復興支援になれればと思います。
皆様のご協力を心よりお願い申し上げます。

<終了しました。>
『工房からの風』開催時に特設テントを設け、手編みキットの販売、出展作家から提供された作品の特別販売等行います。

日時:10月15日(土)16日(日) 10時~16時30分 場所:ニッケ鎮守の杜内、galleryらふと正面

「工房からの風2011」特設サイトはこちら

<終了しました。>
ぬくもりを届けよう。ニッケ+工房からの風から

毛糸で帽子やマフラーを編んで、ニット作品を届けよう

『工房からの風』内特設テント(galleryらふと正面)で、キットをお受け取りください。
(ウール100%の手編み毛糸100gと、棒と鍵が兼用となった針)引き換えとして、義援金1,000円をお預かりします。
(キット代金はニッケが負担し、お預かりした義援金は、公益社団法人企業メセナ協議会「GBFund(芸術文化復興ファンドhttp://www.mecenat.or.jp/)」へ託します。)

編み上がった作品をニッケコルトンプラザにお届けください。

  • a ニッケコルトンプラザインフォメーション 12月15日(木)までの営業時間
  • b 宅配便で送る 千葉県市川市鬼高1-1-1ニッケコルトンプラザ管理事務所
    工房からの風事務局 (恐縮ですが送料のご負担をお願いします)
11月11日(金)~13日(日)に「galleryらふと」にてお持ち帰りいただいた毛糸で
編まれた作品は12月15日(木)までにニッケコルトンプラザにお届け下さい。
クリスマスプレゼントになるように、被災地へお届けします。

引き換え時に『うーるん』(弊社マスコット)をお受け取りください。
(宅配便ご利用の方へは当方より送付させていただきます)
11月中旬、皆さまの手編み作品を被災地にお届けします。
本サイトの「web展覧会」ページへ作品を公開します。
(希望されない方は非公開にできます)

手編み毛糸を送って、編む楽しさを届けよう

『工房からの風』内特設テント(galleryらふと正面)で、キットをお選びください。
その際、1,000円の義援金をお預かりいたします。
(キット代金はニッケが負担し、お預かりした義援金は、公益社団法人企業メセナ協議会「GBFund(芸術文化復興ファンド)」へ託します。)
『うーるん』(弊社マスコット)をお受け取りください。
11月中旬、お選びいただいたキットを被災地にお届けします。

『工房からの風』出展作家による作品のチャリティー販売

「工房からの風」での「チャリティー作品販売」と「手仕事の庭の恵み」の売り上げ、「毛糸プログラムへの義援金」の合計は1,372,512円となりました。
1,259,058円を、公益社団法人企業メセナ協議会「GBFund(芸術文化復興ファンド)」へ託し、113,454円を宮城県石巻市牡鹿半島への食品支援に活用させていただきました。
たくさんのお気持ち、ご協力に心より感謝 申し上げます。
『工房からの風』内特設テント(galleryらふと正面)で、今回の出展作家から提供された作品の特別販売を行います。
(数に限りがあります。また、時間により展示する作品が異なる場合があります。)

『手仕事の庭』の恵みのチャリティー販売

会場内の庭で収穫した植物の種、スタッフの手作りによるブーケ(花束)、ミニ盆栽の販売を行います。
売上金を、公益社団法人企業メセナ協議会「GBFund(芸術文化復興ファンド)」へ託します。

義援金箱を設置します

11月11日(金)~13日(日)galleryらふとにて皆さまよりの義援金をお預かりいたします。
公益社団法人企業メセナ協議会「GBFund(芸術文化復興ファンド)」に義援金を託します。
このファンドは、人々の心を支え、未来への希望をつなぎ、地域を再生していくうえで、大きな力を持ち得る芸術・文化によって被災地を励ます活動、被災地の文化再生・芸術活動を応援するためのものです。
すでに61のプログラムに支援を実行し、迅速な対応を進めています。
人々の気持ちを奮い立たせ、地域の誇りを取り戻していくために、芸術・文化による復興を目指す活動への支援を行います。